任意継続被保険者制度

退職の日までに継続して2ヵ月以上被保険者であった方は、申請することにより「任意継続被保険者」として被保険者資格を継続することができます。

なお、就業条件等の変更により、被保険者資格を喪失した場合は、「任意継続被保険者」として被保険者資格を継続することはできません。(健康保険法第3条第1項ただし書きによる)

なお、被扶養者がいる場合には新たな申請となりますので、”被保険者と被扶養者”⇒”被扶養者になれる人の範囲”及び”被扶養者認定に必要な書類”を参照し、添付書類の漏れ等がないよう注意して下さい。

申請の方法

  1. 資格喪失日(退職日の翌日)より20日以内に「任意継続被保険者資格取得申請書」を提出して下さい。
  2. 被扶養者がいる場合には新たな申請となりますので、「被扶養者取得届」に必要書類を添付の上、を提出して下さい。
    (任意継続期間中に、新規の被扶養者を取得する場合も、同様となります。)
  3. 健保本部にて申請書を確認後、「任意継続被保険者資格取得通知書」を個人宛に発送しますので、指定期日までに第1回目の保険料を納付して下さい。(入金確認後、新しい「被保険者証」が発行されます。)

被保険者期間

任意継続被保険者として加入できる期間は、基本的に「2年間」です。

資格を喪失する場合

  1. 被保険者となった日から「2年」を経過したとき。
  2. 被保険者が死亡したとき。
  3. 保険料を納付期限までに納付しないとき。
  4. 他の健康保険制度の被保険者になったとき。(国民健康保険は除く)

保険料の納付

  1. 保険料は一般保険料と介護保険料(該当者のみ)をあわせた額で、事業主分も負担していただくことになります。
    なお、計算の根拠となる標準報酬月額は、本人の退職時の額か、410,000円(2019年9月末現在の全被保険者の平均額)か、いずれか低いほうになります。
    任意継続保険料早見表はこちら
  2. 初回は指定期日までに、郵便局より振込んでいただきますが、2回目以降は「郵便局自動払込」となります。
  3. 任意継続の保険料は当月分を当月10日に納付していただきます。
    在職中は、前月分を当月の給与にて控除(退職時は前月分と当月分の2ヶ月分が控除されます。)

任意継続保険料の前納(一括納付)取扱について

2010年4月分の保険料からは、従来の納付方法に加え、前納払い(一括納付)もご利用頂けることになりました。ご希望される場合は「保険料前納申出書」を作成のうえ、健康保険組合までご連絡ください。

【前納をご希望の場合】

保険料を前納される場合、保険料の割引(1~2%程度)が適用されます。

前納保険料早見表はこちら(PDF版)

前納できる期間は下記のとおりです。

  1. 4月分から9月分まで、10月分から翌年3月分までの半年毎
  2. 4月分から翌年3月分までの1年分
  3. [2]の範囲内で、資格取得した月の翌月分から9月分、または翌年3月分まで。
  4. 期間満了での資格喪失が明らかな時は、[2]の範囲内で資格喪失する月の前月分まで。

納付期限は任意継続加入後、初回月の納付は「保険料納付書」の納付期限まで、その後は、前納する期間の初月の前月末までとなっています。

(6カ月分前納の場合は3月末および9月末まで、12カ月前納の場合は3月末まで)

納付期限を過ぎますと前納できなくなりますのでご注意ください。

【前納される方へのご注意】

前納した保険料は以下の脱退、喪失以外返還できませんのでご注意ください。

・再就職により、他の健康保険に加入した場合(国民健康保険除く)

・被保険者本人が死亡した場合

【お問い合わせ・連絡先】

健康保険組合 任意継続担当 03-3798-3143

注意事項

  1. 任意継続の「被保険者証」は、第1回目の保険料の入金が確認され次第発行します。
  2. 「資格取得通知書」を受取ったら、忘れずに2回目以降の「郵便局自動払込」の手続きをし、控えのコピーを健保組合宛に送付して下さい。
  3. 任意継続被保険者になりますと、その後の手続き等は直接健保組合が行うことになりますので、住所や振込銀行等、申請当初の記載事項に変更があった場合は、必ず健保組合までご連絡下さい。
  4. 保険給付や保養所の利用、健保組合が行う健康診断等についても、従来通り受けることができます。

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接ではなく、所属事業所の健保事務担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。