健保からのお知らせ

2014/12/03

平成27年1月より高額療養費の算定基準額及び出産育児一時金が改定されます。

日頃より、健康保険組合の運営についてご協力いただき、ありがとうございます。
この度、高額療養費等の見直しを盛り込んだ健康保険法施行令等の一部を改正する政令(平成26年政令第365号)が公布されました。
つきましては、平成27年1月より高額療養費等の算定基準額並びに出産育児一時金等の金額の見直しが施行されますのでお知らせ致します。
「高額療養費制度」については、70歳未満の人の自己負担限度額の区分が3区分から5区分になります。
「出産育児一時金及び家族出産育児一時金」の支給額については、39 万円から40.4 万円に引き上げになります。

添付ファイル